JOURNAL KBS韓流K-WAVE, interview キム・ウニュ監督

Home / NEWS / JOURNAL KBS韓流K-WAVE, interview キム・ウニュ監督

3

KBS K-POP, K-WAVE journal

k-pop Music Video Director Kim Eun-you

‘幻想の世界を表現する5分の映像芸術家’

“監督がこんなに美人でいいんですか?”サインの下に書かれたUKISSメンバーのメッセージの通り、キム・ウニュ監督は美人だった。それでいてさらに美しい物がある。まさしくキム監督がみせてくれる‘可能な限り幻想の世界’だ。

隠された真意と象徴で幻想の世界を見せる

K-POPが世界的に注目を集めているが、ミュージックビデオの役割は大きい。このミュージックビデオ市場で最近断然目立っている存在がいる。映像制作社12ROUNDSを率いているキム・ウニュ監督だ。“話を長々とするのはあまり好きではありません。詩のように隠された真意と象徴を通し映像を作りたかったのです。ミュージックビデオはそのような私の主観とよく合うんです。フレームの中で、できる限り想像した全てを自由に表現し、見せる仕事ということです。”このようなかっこいい職業なので、夢見る若者たちが多い。しかし、キム監督はそのような若者たちに冷静に次のように言う。“まず自分が、沢山ある職業の中でなぜこの仕事をしたいのか明確にわかっていなければいけません。大変な仕事です。感情的なアップダウンにも悩まされます。自分の目標がはっきりとしていなければその苦痛に耐えることができません。”映画学において名門とされるニューヨーク州立大学を卒業し帰国したが、すでに業界は激戦区であった。このような市場を切実さと行動力で突破してきた。“韓国に帰ってきて何箇所か芸能事務所に企画書を手書きの手紙で送りました。その中で、手を差し伸べてくれたのがFNCエンターテイメントでした。”2011年、FT Islandの<HELLO HELLO>が誕生した経緯だ。ミュージックビデオは長くて5分、この短い時空間を活用し、音楽を映像で表現しなければならないミュージックビデオには、特別な感性とアイディアを表現することに打ってつけのパートナーがいる。“私の場合はJUNIELがそうでした。JUNIELの<Bad Man>、<illa illa>が代表的な例です。明るく真っ白な背景に、生命の気が育っていく、そんなシーンをずっと作りたかったんです。1年間温めてきたイメージなんですが、JUNIELを見てパッとそれが浮かんだんです。”

UKISS、FT Island、JUNIELと作業

ならば、ミュージックビデオ監督にとって、最も優先して解決しなければいけない課題はなんだろうか?“まず、どんな内容を伝えたいのか、その話のコンセプトを明確に決めないといけません。音楽制作者達と意見を交わしたりもしますが、ほぼ私がそのあらすじを作ります。それから、一番最後の作業が色補正なのですが、これを終えて作品が公開される直前の達成感は言葉で表現できないほどです。”アイドル洪水時代に一つ一つの良さを引き出すのは簡単なことではないが、キム監督はありふれた素材でも想像力がスパイスになれば、ありふれた映像ではないシーンを作り出すことができると言う。“キラキラして、綺麗でという、アイドルがそんな風にしか見えないのでは楽しませることはできません。想像力を通して、新しい空間を作り出さないといけないでしょう。例えば、FT Islandの<HELLO HELLO>は外国のような空間ですが、実際は韓国の田舎の民家でした。JUNIELのミュージックビデオ背景も同様です。”12月14日から16日まで、大阪で開かれた、第3回韓国博覧会(KBEE: Korea Brand & Entertainment Expo)に招待された。韓国のミュージックビデオ監督としては初招待されたキム監督はアイドルに負けないほどの注目を浴びた。2012年2月、日本で注目を浴びたUKISSの<Tick Tack>のミュージックビデオの破壊力が大きかったということだ。博覧会以降にもキム監督に注目する日本のファンもできた。ミュージックビデオ監督も“韓流”の主人公になったということだ。“UKISSを始め、FT Island、JUNIELなどのYouTube映像、そしてSNSを通して海外ファンが私を知ってくれたようです。Twitterを通して絶え間なくメッセージが送られてきたりもします。”実際、ミュージックビデオ監督とは、1つのプロジェクトの中で一人で何役も消化しなければなりません。“徹夜で仕事をすることも一度や二度ではありません。もちろん、体調管理のためにしっかり寝ようと努力していますが、簡単ではありません。楽しいから、それだけ力をもらえるんです。”というキム監督には充電時間ですら“映像”と共に、だ。“最も好きなことが仕事になったということです。休みの時も映画を見たり、アイディアを練ったりします。”すでに相当な部分で注目を浴びているキム監督が気になっている作業はどんなものだろうか。“弘大のインディーズミュージシャンたちのミュージックビデオを撮ってみたいです。ディアクラウドというバンドの曲が好きでした。留学生活中にボーカルのナインさんの唱えるような歌詞が心を動かすんです。誠実な音楽をする子たちと仕事をしてみたいです。

エディター_ハン・ミョンユル 写真_パク・ナムギュ

The Artist of 5 minute Videos Brings a Fantasy World to Life

As U-Kiss signed the autograph they included message at the bottom, ‘Should a director be this beautiful? Director Kim Eun-you is beautiful. But there is something even more beautiful, namely the “world of possible fantasies” that the director wants to bring to life.

 

Creating Fantasy through Suggestions and Symbolism.

Music videos have played a role in bringing the world’ s attention to K-POP. And in the music video market, there is someone who stands out. it is director Kim Eun-you who heads the production company 12 Rounds. ” I don’t like dragging out a story. I wanted to make videos through the use of suggestions and symbolism, like poetry Music videos suited my concept well. I am talking about displaying my imagination as freely as possible within the frame.” As expected of a great job like this, there are many young people who dream of becoming a music video director. Director Kim, however, advises caution. “First, you must know why you want this particular type of job. This is difficult profession. You suffer from emotional fluctuations. Unless you have a clear target, you can’t withstand that pain.”  Although she graduated from the State University of New York famous for film studies, the market was already highly competitive. she broke through the barriers with action and truthfulness. “I sent hand-written proposals to a number of production companies once I came back to Korea. The company that reached out was FNC Entertainment.” That is how FT lsland’s “Hello Hello” came into being in 2011. A music video is only about 5 minutes long. For directors who need to express the music in terms of video images in such as short time,, there are partners who bring special emotions and ideas to the director. “In my case it was Juniel. Juniel’s “Bad Man” and “Ilia Ilia” are the most prominent  examples. I have always wanted to make a scene where life is seen growing inside a bright and white surroundings. I had that image in my mind for a year, and as soon as I saw Juniel it came to me.”

 

Working with U-Kiss, F.T Island and Juniel.

What is the first task a music video director needs to solve? “First, what will be conveyed, the concept of the story must be clearly set. I do confer with the music producers, but mostly I decide the flow. The very last step is color modification and the sense of achievement you get just before the release. That feeling is undecidable.” In an age flooded with idols, drawing out the true presence of each idol is no easy task. The director says that as long as imagination is added, fresh scenes can be created even with common materials. “Showing only the idol’s shiny and pretty side doesn’t work. A new space needs to be created through imagination. For example. F.T Island’s ” Hello, Hello” has scenes where the background appears to be somewhere overseas, but in truth the scenes were shot tin a poor rural area of Korea. It is the same with Juniel’s music video.” The director was invited to KBEE (Korea Brand & Entertainment Expo) held in Osaka, Japan between December 14th and the 16th. As the first Korean music video director to be invited, she received as much attention as an idol group. That was a result of U-Kiss, “Tick-Tack” music video that recieved much attention in Japan in February 2012. Since the expo, even Japanese fans are looking out for Director Kim. The music video director has become a protagonist of “Hallyu.”. “I think overseas fans found me through SNS and YouTube videos I made of U-Kiss, F.T lsland, Juniel and others. There are steady  mentions on Twitter.” In reality, a music video director needs to serve multiple functions in a project. ” Working all night is very common. Of course I try to sleep for my health but it is not easy. I have energy because I an happy.” For Director Kim, even the time she has set aside to recharge is spent with video material. “What I love the most has become my work. Even when I am resting, I watch movies or look for ideas.” What i s Director Kim, who is already receiving much attention, thinking about working on next? “I want to make music videos for indie musicians in Hongdae., I like the music from the band Dear Cloud. The lyrics by the vocalist Nine moved me when I was studying abroad. I want to work with those who are truthful.”

에디터_한명륜(격원기자)  사진_박남규

저장

저장

저장

저장

저장

저장

저장

저장

저장

저장

저장

Go Back

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

카카오톡 페이스북 인스타그램