“ブランディング広告、キム・ウニュ監督と描き出す多彩な美の視点“

Home / NEWS / “ブランディング広告、キム・ウニュ監督と描き出す多彩な美の視点“

247

with 247CLINIC

KIM EUN YOU director

“ブランディング広告、キム・ウニュ監督と描き出す多彩な美の視点“

 

幻想的で洗練された映像美で韓国のティムバートン監督と知られているキム・ウニュ監督が病院映像専門マーケティングチームであるメディカルラウンドと共に病院広報映像制作に入った。
キム・ウニュ監督がEXIDと共に制作したLG U+の広告映像はYouTube人気映像広告として知られたことがある。
今回の制作は、病院広告専門のメディカルラウンドが、12ROUNDSのキム・ウニュ監督と共に企画から制作までの全てを行った。
ブランドの価値をより高価なものにできるブランディング映像広告の長所を活かし、ありきたりの美容整形広告ではなく、独特な視点でのアプローチを発想として制作された。
確立された整形美人とは違う、自分だけの特別さを強調するため、モノトーンのイラストにカラフルなペンキをかけ、個人個人の個性に合わせた色を演出する映像を表現した。
国際美容整形外科協会が発表した全世界の整形手術実態によると、2011年基準で1年間に約65万件、韓国の整形人口は年々増加する傾向が見られ、整形先進国だと言えるほど、医療技術が認められている。
メディカルラウンド関係者は“最近、韓流旋風に加え、韓国の整形観光ツアーができるほどに市場が成長している。それくらい病院広告の役割が一層大切になった。”と語った。
メディカルラウンドは、上手く作られた病院広告は病院がターゲットにする消費者に好感を与える広告として、長所はわかりやすく伝え、やりすぎの過剰広告は避ける形として広告を制作した。
例えば、既存の美容整形外科広告は直接的なビフォーアフター形式が多かった。手術後の変化はわかりやすいが、大多数の消費者たちはむしろ恐怖感を覚える場合が多い。
メディカルラウンド関係者は、“もはや、病院広告も単純なレビューと施設だけを強調する時代は過ぎた。病院の第一印象とも言える病院広告を通し、病院ブランド全てを込めたアート的時代が来るということだ”と言った。
メディカルラウンドは、病院ブランドの全体的なイメージをわかりやすく伝えるブランディング作業に12ROUNDSキム・ウニュ監督の芸術世界を結集した相対的なアートとして、病院広告を制作した。12ROUNDSのキム・ウニュ監督の病院広告映像は21日、三成駅で初公開だ。

 

Go Back

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

카카오톡 페이스북 인스타그램