“病院広告を見る消費者は賢い”

Home / NEWS / “病院広告を見る消費者は賢い”

%ec%82%bc%ec%84%b1%ec%97%ad

Brand Theater _ブランドシアター

Advertising In Metro

“病院広告を見る消費者は賢い”

 

保険福祉部によると、去年韓国に訪れた外国人患者数は30万人を超えた。
政府が2009年に外国人患者誘致産業を開始したため、韓国の医療産業は高付加価値産業として数えられるほど、大きな成果を出し、さらに医療広告界を舞台に、その意味と役割が重要となった。
病院マーケティングの場合、企業広告と違い、文句や映像などで消費者を誘い込むようなスタイルの方法は大きな説得力がなく、規制も多い。
病院マーケティングの方法はフェイスブックやインスタグラム、ブログなどを活用したSNSから、バイラルマーケティングや誌面、放送を通した映像広告まで様々だ。
時代が変わるように、消費者の求めるものは変化し、考え方とライフスタイルも変化した。消費者たちの視線を掴むためには消費者たちが求める新しさを満たす画期的なアイディアの病院広告が必要だ。
病院広告のポイントは何よりも最近急激に増えた病院市場の中で他とは違う医療技術と信頼感を消費者たちに伝えることだ。
普通、医療サービスの場合は品質と技術や施設など、基本的なシステムが似ている中で、特別な点を強調するためには病院の特化した長所を浮き彫りにするという事にたくさんの努力を要する。
一般的に直接病院を利用し体験した人でなければ、その病院の専門性や実力を知るためには、消費者はレビューなどを検索するのが一般的だ。
病院がレビューを活用したバイラルマーケティングをする理由がここにある。しかし、レビューがバイラルマーケティングを通した広告なのか、消費者の目にはわかる。病院広告を見る消費者はすでに病院側が直接作成したレビューなのか、そうでないのかを区別できる。
実際、病院広告を見る消費者のうち大多数が、大げさなレビューに対して、むしろ病院に対し反感を抱いたりもする。そこで、最近注目を集めている広告は全体的なイメージを代弁するブランディング作業だ。病院の意図と目的に合わせて、病院のイメージを活かし、その全体的なブランディングイメージに勝負をかけるマーケティング作業だ。
病院マーケティングを専門にするメディカルラウンドが新しい概念の地下鉄駅内の映像広告を制作した。これ以降、YouTube広告1位を維持していたガールズグループEXIDのLG U+広告を制作したキム・ウニュ監督の12ROUNDSが共に美容整形外科と広告映像を制作した。
5分の映像芸術家と呼ばれるキム・ウニュ監督かすでにK-POPミュージックビデオ監督として名声高い。
病院広告を専門とするメディカルラウンドは企画から制作まで12ROUNDのキム・ウニュ監督と共に行った。今回のブランディング作業を通し、新たに新たにお披露目された美容整形外科広告は21日、三成駅で初公開の予定だ。
メディカルラウンドは“ひとつのイメージが集まり、全体的なブランドの価値を作り出すブランディング広告映像は、12ROUNDSキム・ウニュ監督の精神が宿った映画だと言える。

デイリー金融経済ニュースCopyright ⓒ FNTIMES.com

Go Back

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

카카오톡 페이스북 인스타그램